しじみに含まれるオルニチンに注目が集まる理由

肝臓で働くオルニチン

しじみを使ったお料理といえばたっぷりとエキスのしみ出ているお味噌汁が王道ですね。二日酔いで食欲のない朝もシジミのお味噌汁は身体にしみこむような美味しさです。

しじみは体調不良の身体にも嬉しい美味しい食材ですが、それだけではなく、その成分は健康面においてもとても有効であることはご存知でしょうか?

しじみの代表的な成分と言えばオルニチンです。これはアミノ酸の一種なのですが、他のアミノ酸とは異なり、血液に溶け込んで身体の中を巡りながら働くという特徴があります。特に肝臓でその効果を発揮します。毒素であるアンモニアを尿素に変えてくれたり、そのことで疲労回復にもなったり、人の身体にとってなくてはならない成分なのです。二日酔いの朝にしじみのお味噌汁が美味しく感じるのは肝臓のアルコール成分の分解を促してくれるからなのです。

このオルニチンはマグロやヒラメ等他の魚介類やチーズやパンなど身近な食材にも含まれてはいるのですが、しじみの含有量は格段に多く、やはりオルニチンといえばしじみなのです。

しかし、しじみを毎日適量摂取するというのは難しいことです。しじみ料理が毎日食卓にあがる家庭は少ないのではないでしょうか。それにオルニチンを理想量摂るには一日分でしじみ1400個分とも言われています。オルニチンをすべてしじみから摂るというのは現実的ではありません。しじみのエキスを抽出した健康食品やサプリメントを利用してオルニチンを摂取しましょう。

↑ PAGE TOP