しじみに含まれるオルニチンに注目が集まる理由

しじみに含まれるオルニチンに注目が集まる理由

オルニチンは肝臓機能の維持・向上にとても良いとされている栄養素で、しじみに多く含まれています。しじみに含まれるオルニチンの量http://xn--68jc1j2glenc5mmcw096bzw0b.com/7.htmlは断トツで、効率よくオルニチンを摂取できる食品として注目されています。

オルニチンは「遊離アミノ酸」と呼ばれるアミノ酸の一種で血液とともに体内をめぐっています。肝機能の働きを助けて二日酔いを予防したり疲労回復を助ける効果があります。二日酔いは体内のアルコールが分解されるときに発生する体に有害な物質が体内にとどまることが原因ですがオルニチンはこの有害物質アセトアルデヒドの解毒作用があるのです。

さらに人体に有害なアンモニアを無害な尿素に分解し、体外へ排出させます。また、成長ホルモンの分泌を促して筋肉を増強する働きもあります。筋肉量が増えることで基礎代謝量がアップし余分な脂肪が燃焼しやすい「燃えやすいカラダ」をつくる働きもあります。オルニチンが健康促進だけでなく、ダイエットや美容に良い理由のひとつです。

アンチエイジング美容の効果としては、オルニチンの生成物である「ポリアミン」という物質に注目。肌の新陳代謝を促すため肌の老化防止、シミやくすみの改善などといった美肌効果・美白効果が期待できるのです。

肝臓は、代謝・エネルギーの貯蔵・胆汁の生成・解毒の働きを持っていて元気ではつらつとした毎日を送るためにはとても重要な役割を果たしています。その肝機能の維持や促進のためにはオルニチンは必須の栄養素なのです。

↑ PAGE TOP